不動産(土地建物)の遺産分割の方法

兄弟がいる場合、被相続人を含む親の面倒を見てくれる人にすべての財産を相続させるということが割と多いです。
相続する人以外の兄弟姉妹もそういう決め方に賛成する人が多いです。

この場合は、財産を相続する人が、他の兄弟姉妹と遺産分割協議をすることなく不動産(土地建物)の相続登記ができるように、被相続人は公証役場で、公正証書で遺言書を作成し、その遺言書を財産を譲りたい相続人に渡しておきましょう。

もし被相続人が亡くなったときは、他の兄弟姉妹の実印や印鑑証明がなくても、遺言書で相続登記をすることができます。

一人の相続人に全部の財産を譲ると、他の相続人から遺留分を請求され面倒くさいことになるのではと心配して相談されるか違いますが、今回のように相続人全員がこの遺産分割に生前から了解しているような場合は、経験上遺留分の請求をされたという事例はほとんどないと思うので、あまり心配しなくてもいいかと思います。

相続に関するメール相談も無料です
遺産相続・遺産分割・相続放棄・相続登記ほか相続に関する相談をメールにて無料で承ります。お電話・ご来所でもOK。お気軽にお問い合わせください。
こちらからどうぞ → メール相談・お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする