「司法書士に聞いてみよう!」第1話 遺言が出てきたぞ

日本司法書士会連合会の2018年版広報動画「司法書士に聞いてみよう!」第1話「遺言が出てきたぞ」を紹介します。

Aくん「大変だー」
A「おやじの遺品を整理していたら、遺言書が出てきたぞ・・!」
A「どうしよう・・・」
A「なにをすればいいのか、さっぱりわからない・・」
A「こんな時は司法書士に相談だ!」

司法書士の事務所に行きました
司法書士「ふーむ」
A「・・・というわけで、中身も確認せずに持ってきたのですが・・」
司法書士「なるほど。これは確かに遺言書。なので、封を開けなかったのは正解ですよ」
司法書士「もし、勝手に開けていたら5万円以下の過料に処されていたかもしれません」
A「えっ、あ、危なかった・・」
司法書士「それでは手順に従い手続きを進めてまいりましょう」
A「お願いします」

司法書士「まずは家庭裁判所に行き、検認手続きというものを受けましょう」
司法書士「この検認手続きの過程で初めて遺言書の開封が行われ、遺言の内容が明らかになります」

家庭裁判所で遺言書を開封、検認を受けた後の遺言書を見て、

司法書士「全財産を、長男 山田一郎に全財産を相続・・と、」
司法書士「財産目録を見ると、今回の場合、全財産にあたるのは銀行の預金と不動産ですね」

司法書士「それでは、次に銀行窓口で名義変更の手続きへ、そして、不動産の名義変更をすると、この遺言に関する手続きは完了です!」

おやじさんの預金を解約し、Aくん名義に入金した銀行の通帳と、不動産(土地建物)の登記識別情報(※)を手にして
A「ふう、良かった。助かりました。」
A「やっぱり司法書士に頼んで正解だったなぁ」

みなさまもお困りの際は、ぜひ、司法書士に」


(※)


法定相続情報証明制度で相続手続きが便利になるかも?

 「法定相続情報一覧図の写し」が、銀行などの金融機関での預貯金の解約、相続税の手続きなどにも利用できるようになったので便利になりましたね。

四万十市・黒潮町付近で「法定相続情報一覧図の写し」の使える銀行

相続に関するメール相談も無料です
遺産相続・遺産分割・相続放棄・相続登記ほか相続に関する相談をメールにて無料で承ります。お電話・ご来所でもOK。お気軽にお問い合わせください。
こちらからどうぞ → メール相談・お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする